ナガトーーク!

日本のサラリーマンをハッピーにするぞ

Facebook広告効果の仮説と検証|エンゲージメント広告|トライアル1

f:id:nisaschool:20171022152956j:plain

こんにちは。Facebook広告集客のコーナーへようこそ。

ここでは、Facebook広告を使った効果的なマーケティングを、仮説と検証に基づいて考えるコーナーです。

Facebook広告を使っているけど、中々コンバージョンが上がらない(成約できない)。コストだけが増えていくという悩みを抱えている方が多いのではないでしょうか?

ボクもその一人です。約1年にわたりFacebook広告を使ってきましたが、中々コンバージョンを上げられず、コストだけ消費しました。書籍やインターネットで広告戦略を調べましたが、そのやり方だと、大きいお金(1回数万円)が必要で中々手が出せずにいました。

そこで、理系実験で培ってきた仮説と検証の手法を通じて、いかに低予算で効果的に広告を使えるか実践することにしました。

同じ悩みを持っている方に役に立つかわかりませんが、成功事例や失敗事例を事実ベースでレポートしています。

 

前提条件

前提条件とは、次の通りです。

  • Facebookページを所有している
  • スモールビジネス(個人事業主、小規模経営)

Facebook広告は、Facebookページを所有している人が使うことができます。もしも、Facebookページをお持ちでなければ、まずはそこから作成しましょう。

ボクは、オンラインスクールというスモールビジネスをしています(販売は世界最大級の学習プラットフォームUdemyと提携)。ですので、対象はスモールビジネス(個人事業主の方中心)です。広告費を十分にかけられる中規模以上の会社には、この仮説と検証は必要ないかもしれません。

 

今回の検証内容

第1回目は、次のことを目的に検証しました。

エンゲージメント広告(注釈1)において、1日300円の予算で何人にリーチできるか、年齢層における違いはあるか、地域による違いはあるかを確認すること。

(注釈1)

投稿やページをさらに多くの人にアピールして、エンゲージメントを増やすことができます。エンゲージメントには、コメントやシェア、いいね!、イベントへの出欠確認、クーポンの利用などが含まれます。

引用:Facebook広告マネージャー

 

広告の設定

広告の設定は、次の通りです。

キャンペーン

エンゲージメント

Facebookページ投稿したクーポンを宣伝するため、エンゲージメントを選択しました。

予算と掲載期間

300円/1日、6日間(最大1800円)

クーポンによる割引後の商品価格を1800円に設定しています。そのため1件のコンバージョンを得ることができれば、±0円となります。

ターゲット

  • 地域 - 居住地  :日本(この地域に住んでいる人を選択)
  • 年齢・性別   :25歳〜49歳 男性
  • 言語      :日本語
  • 趣味・関心の拡大:オフ

日本人向けの商品であるため、日本に設定しています。今回はトライアルなので、地域(例えば関東だけとか)の絞込は行っていません。

 

ココで注意点がありました。地域の選択において、「この地域のすべての人」、「この地域に住んでいる人」、「最近この地域にいた人」、「この地域を旅行中の人」と4つから選択できます。ボクの商品の場合、この地域に住んでいる人以外を選択した場合、外国籍の方の閲覧率が非常に高くなりました。もちろん、コンバージョンには至りません。推測ですが、旅行中の外国人が日本を旅行中にFacebookを見ていて、何か良さそうだからいいね!しとこうとなった結果だと思います。

 

年齢は、ターゲットとしている年齢を選択しています。性別は、「すべて」、「男性」、「女性」の3つから選べます。すべてにしてしまうと、男女別の広告効果検証が難しくなるので、性別は別々に選んでいます。今回は男性に限定しています。

 

趣味・関心の拡大は、Facebook上でユーザーがいいね!した投稿のデータをベースに、それらの人にターゲットを絞って広告を出せます。例えば、集客の投稿にいいね!した人に、その商品を売っている人ターゲットを絞ります。

 

ターゲットを絞ることは有用です。しかし、どれくらいの気持ちでいいね!したのかデータベースが見られない以上、いきなりターゲットを絞り込みすぎると機会損失につながる可能性があると考えました。まだ、ボク自身データベースが十分ではないので、今回はこの機能はオフにしました。

つながり

あなたのページにいいね!した人を除外

この項目は、広告を見せる人、見せない人を選択できます。「あなたのページにいいね!した人」、「あなたのページにいいね!した人の友達」、「あなたのページにいいね!した人を除外」から選ぶことができます。あなたのページにいいね!した人は、あなたのページをすでに見ているので、広告をみせる意味はあまりありません。したがって、常に「あなたのページにいいね!した人を除外」を選択しています。

広告

次のような広告(画像1)を出しました。クリックすると、画像2が開きます。コピーライティングは、別途検証することにしています。男性の会社員がターゲットでしたので、缶コーヒーをよく飲むのでは?と想定し、購入金額を缶コーヒー15本分と表現しました。

画像1

f:id:nisaschool:20171022165508j:plain

画像2

f:id:nisaschool:20171022165724j:plain

 

結果と考察

予算消化率

予算1800円に対し、消化金額は1791円でした。消化率は99.5%でした。かなり良い結果でした。広告の種類によって、この消化率は異なります。経験上、ページへのいいね!の広告は、低予算ではあまり消化できませんでした。つまり、広告すら見せられていません。

リーチ・エンゲージメント・コンバージョン

リーチとは、広告がユーザーのタイムラインに表示される状態を指します。エンゲージメントとは、広告に対してユーザーがアクション(いいね!、シェア、コメント、クリック)することを指します。

コンバージョン、ボクの場合はこの広告から商品を購入した人と設定しています。

各結果を下記にまとめました。

エンゲージメント率
  • リーチ数:738
  • エンゲージメント:494
  • エンゲージメント率:67%

738回広告がタイムライン上に表示されて、494回のアクションが起こされました。エンゲージメント率は67%でした。 

コンバージョン
  • アクションした人:490(エンゲージメント494のうち)
  • 詳しくはこちらをクリックした人:4(同上)
  • クリック率:0.54%(=4/738×100%)
  • コンバージョン:0%

エンゲージメントのうち、4人が画像1の「詳しくはこちら」をクリックしました。「詳しくはこちら」をクリックすると、商品(オンラインコースの紹介)ページにリンクします。結果的に、売り上げは0円でしたので、収支は-1791円でした。

年齢別リーチ数とエンゲージメント率

年齢別の結果は次の通りでした。35-44歳が最もエンゲージメント率が高かったです。

年齢 リーチ数 エンゲージメント エンゲージメント率 コスト
25-34 145 88 61% 3.83円
35-44 337 238 71% 3.59円
45-49 257 168 65% 3.57円

※コスト:エンゲージメント1件当たりのコスト

地域別リーチ数とエンゲージメント率 

地域別の結果は、次の通りでした。地域別のリーチ割合は、東京、大阪、愛知の順でした。上位6位までで52%を占めていました。エンゲージメント率は、大阪が74%と最も高かったです。

地域 リーチ数 エンゲージメント エンゲージメント率 リーチ割合
東京 122 81 66% 17%
大阪 82 61 74% 11%
愛知 47 34 72% 6%
福岡 45 31 69% 6%
神奈川 45 29 64% 6%
兵庫 42 26 62% 6%
埼玉 22 15 68% 3%
京都 20 14 70% 3%
千葉 22 12 55% 3%
北海道 25 12 48% 3%
静岡 19 10 53% 3%
岐阜 16 9 56% 2%
三重 11 8 73% 1%
宮城 11 8 73% 1%
奈良 9 8 89% 1%
栃木 12 8 67% 2%
沖縄 8 8 100% 1%
茨木 9 7 78% 1%
宮崎 9 7 78% 1%
長崎 11 7 64% 1%
福島 8 6 75% 1%
広島 8 6 75% 1%
香川 7 6 86% 1%
新潟 11 6 55% 1%
徳島 8 6 75% 1%
青森 5 5 100% 1%
石川 7 5 71% 1%
長野 7 5 71% 1%
和歌山 8 5 63% 1%
山口 9 5 56% 1%
山梨 11 5 45% 1%
愛媛 6 4 67% 1%
群馬 8 4 50% 1%
岡山 7 4 57% 1%
福井 4 3 75% 1%
鹿児島 4 3 75% 1%
熊本 4 3 75% 1%
大分 5 3 60% 1%
滋賀 3 3 100% 0%
岩手 5 2 40% 1%
佐賀 3 2 67% 0%
島根 3 2 67% 0%
鳥取 2 2 100% 0%
秋田 1 1 100% 0%
高知 2 1 50% 0%
富山 2 1 50% 0%
山形 3 1 33% 0%

※リーチ割合:各地域のリーチ数/794(全リーチ数)×100%

 

広告配置

Facebook広告は、Facebookだけなく、Instagramでも表示される可能性があります。結果は次の通りでした。ほとんどがインスタグラムでのリーチとエンゲージメントでした。

  リーチ数 エンゲージ
メント
Facebook 1 0
Instagram 737 494

 

考察

  • 地域別リーチ数から、東京、大阪、愛知、福岡、神奈川及び兵庫に広告を出す地域を設定するとリーチ数やエンゲージメント数、クリック数などを伸ばせる可能性がある。
  • 広告配置から、エンゲージメントの広告ではインスタグラムからのリーチが多いことから、写真(またはスライドショー)がオシャレな広告にすべきである可能性もある。

 

今後の検証

次回は、性別の検証のため、同様の条件で女性限定で広告を出す予定です。