ナガトーーク!

日本のサラリーマンをハッピーにするぞ

初心者でも使っておきたいグーグル・サーチコンソールの2つの機能|はてなブログへの導入方法・使い方

f:id:nisaschool:20171225220153j:plain

グーグルでは、様々な有用なウェブツールが無料で提供されています。ウェブ解析のツールとして、代表なのがグーグル・アナリティクスです。そして、もう一つがグーグル・サーチコンソール。「なんだそれ?」という人や「言葉は知っているけど、導入方法や使い方がわからん」というい人もいるかと。

ボクもずっとそうでした。でも勉強してみると、導入方法や使い方も簡単でした。本ページでは、はてなブログへの導入方法と最低限使っておきたい2つの機能を紹介します。

画像がスマホからだと小さくなるので、登録作業時はPCからの閲覧をオススメします。

 

はてなブログへのサーチコンソールの導入方法

グーグルのアカウント(Gmail)を持っていない方は、まずそれを作ってください。

  1. グーグルで「グーグルサーチコンソール」(Google Search Console)を検索して、トップ画面にアクセスします。
  2. グーグルのアカウントでログインします。
  3. 図1が表示されるので、「プロパティを追加」(赤枠)をクリックします。
    (図1)

    f:id:nisaschool:20171225225049j:plain

  4. 図2が表示されるので、ウェブサイトに登録するURLをコピペして、「追加」をクリックします。
    (図2)

    f:id:nisaschool:20171225225229j:plain

  5. 図3が表示されるので、「別の方法」(赤枠)をクリックします。すると図4が表示されるので、HTMLタグにチェックを入れ、赤塗りつぶし部分「“・・・”」の文字列をコピーします。
    (図3)

    f:id:nisaschool:20171230125414j:plain


    (図4)

    f:id:nisaschool:20171230112816j:plain

  6. はてなブログにログインします。「設定」→「詳細設定」をクリックします。
    (図5)

    f:id:nisaschool:20171230113750j:plain

  7. 下の方にスクロールしていくと、「Google Search Console」という欄(図6)が出てきますので、そこに先ほどコピーした文字列をペーストしてください。
    (図6)

    f:id:nisaschool:20171230114000j:plain

  8. 文字列入力後、さらに下にスクロールして「変更する」をクリックしましょう。ここを忘れると反映されません。
    (図7)

    f:id:nisaschool:20171230114141j:plain

  9. さいごに、サーチコンソールの画面に戻り、「確認」をクリックして完了です。
    (図8)※図4と同じ
    f:id:nisaschool:20171230112816j:plain

 

はてなブログのサイトマップの設定方法

サイトマップとは、Googleにコンテンツ(ブログやホームページ)の存在を伝えるものです。あまり難しく考えなくて良いので設定しておきましょう。

  1. グーグルサーチコンソールにログイン後、先ほど登録したURL(赤枠部分)をクリックします。
    (図9)

    f:id:nisaschool:20171230115512j:plain

  2. すると図10が表示されますので。「サイトマップの追加テスト」(赤枠)をクリックします。
    (図10)

    f:id:nisaschool:20171230115117j:plain

  3. すると図11が表示されますので、「sitemap.xml」と入力して「テスト」をクリックします。
    (図11)

    f:id:nisaschool:20171230115949j:plain

  4. すると図12が表示されますので、「テスト結果の表示」をクリックします。
    (図12)

    f:id:nisaschool:20171230120044j:plain

  5. すると図13が表示されますので、「エラーは見つかりませんでした。」となっているか確認します。
    (図13)

    f:id:nisaschool:20171230120204j:plain

  6. 再度、手順3に戻ります。「sitemap.xml」を入力し、今度は「送信」をクリックします。これで完了です。
    (図14)

    f:id:nisaschool:20171230120324j:plain

 

使っておきたいグーグル・サーチコンソールの2つの機能

多くの機能がありますが、まずは下記の2つの使い方をマスターしておきましょう。

1.検索ワード別のページ順位

ここでは、どんな検索ワードから自分のブログに到達しているのか?や、その検索ワードでの自分のブログの順位を確認できます。

別の解析ツールである、グーグルアナリティクスでは、ほとんどの検索ワードが「Not Provided」と非表示です。サーチコンソールでは、これらのすべてのデータが取得できます。

使い方は次の通りです。

  1. グーグルサーチコンソールにログイン後、先ほど登録したURL(赤枠部分)をクリックします。
    (図15)※図9と同じ。

    f:id:nisaschool:20171230115512j:plain

  2. すると図16が表示されるので、「検索トラフィック」→「検索アナリティクス」をクリックします。「クリック数」にデフォルトでチェックが入っているので、「掲載順位」にチェックを入れます。

    (図16)

    f:id:nisaschool:20171230121427j:plain
    ※注:データは別のブログのもの。

  3.  すると図17が表示されます。左側のクエリいう部分が検索ワードです。右側の掲載順位というのが、その検索ワードでのあなたのブログの平均順位を示しています。

    (図17)

    f:id:nisaschool:20171230121615j:plain
    ※注:データは別のブログのもの。

検索エンジンからのアクセスを想定した場合、常に検索順位トップ10に入れるように改善していくと良いです。

グーグルやヤフーで何かを調べていることを想像しでください。表示された記事一覧の2ページ目をみる割合はどれほどでしょうか?ほとんどの場合、記事一覧の1ページ目で解決してしまうのでないでしょうか?

この1ページ目に表示されるのが、その検索ワードでの順位トップ10くらいです。なので、1ページ目に自分のブログが表示されていないとアクセスが集まらないです。

この検索アナリティクスを活用して、ページ情報を更新したり、競合サイトを分析して相手の弱い部分を自分のブログで補足したりしています。

 

2.Fetch as Google

この機能を使えば、いち早くブログ更新をグーグルに伝えること(クロールの依頼)ができます。

ブログを更新しても、すぐにグーグルエンジンが認識してくれないことがあります。通常、ウェブ上に新しい情報が掲載されると、定期的に回遊しているクロールがその情報を認識して仕分けしています。それにより、検索ワードにピッタリであれば、あなたのブログは上位に表示されます。

ただ、このクロールされるのには時間がかかる場合があるようなので、Fetch as Googleでクロールを依頼することができます。クロールを依頼できる件数は、月に500件です。

使い方は次の通りです。

  1. グーグルサーチコンソールにログイン後、先ほど登録したURL(赤枠部分)をクリックします。
    (図18)※図9と同じ

    f:id:nisaschool:20171230115512j:plain

  2. 「クロール」→「Fetch as Google」をクリックします。
    (図19)

    f:id:nisaschool:20171230123031j:plain

  3. 新しく作成したコンテンツ(ブログ記事など)を入力し、「PC」または「モバイル」を選択し、「取得」をクリックします。PCとモバイル両方で登録したい場合は、それぞれ行う必要があります。ボクの場合は、グーグルアナリティクスで、PCからの閲覧が多いのか、モバイルからの閲覧が多いのかを確認して、どちらにするか、両方にするか判断しています。
    (図20)

    f:id:nisaschool:20180513114800j:plain

  4. すると、登録したURLがパスという欄に表示されますので、「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。
    (図21)

    f:id:nisaschool:20180513114815j:plain

  5. すると図22が表示されるので、「私はロボットではありません」と「このURLのみをクロールする」にチェックを入れ、「送信」をクリックします。
    (図22)

    f:id:nisaschool:20180513114933j:plain

  6. すると「インデックス登録をリクエスト済み」となり完了です。
    (図23)

    f:id:nisaschool:20180513115022j:plain

 

まとめ

ウェブツールと聞くと、「難しい」という印象を持っている方が多いかもしれません。まずは、登録・導入方法と最低限使っておきたい機能さえおさえておけばよいと思います。検索エンジン(グーグルやヤフー)を意識したアクセスには、「検索ワード別のページ順位」はとても参考になる情報です。ぜひこの機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか?