ナガトーーク!

日本のサラリーマンをハッピーにするぞ

【#1】会社員がハッピーになるために必要なコト。

f:id:nisaschool:20180427215411j:plain

こんにちは。圧倒的庶民の働き方改革・実行係長のナガローです。

アナタは、こんな経験したことないだろうか?

 

f:id:nisaschool:20180427215533j:plain

土曜日・日曜日のお休みは楽しい。ゆっくり昼寝したり、ショッピングに行ったり、気分リフレッシュ。けど、日曜日の夕方、サザエさんが流れ始めると「あ~明日から仕事か」と憂鬱になる。俗にいう、サザエさん症候群。

月曜日が始まると、「また長い一週間が始まりか…」とモチベーションが上がらない。会社員なら誰しもが経験することでしょう(笑)。当時、ボクもそうでした。新入社員の頃は、やる気に満ち溢れていたのに。

今は違います!土日も楽しいし、月曜日が来ると「仕事するぞ!」と元気もりもりです(笑)。

この働き方改革・実行係は、日本で働く人、まずは会社員がよりハッピーになる働き方を、提案・実行していくノートです。

 

目指すイメージは、こう!

f:id:nisaschool:20180427215556j:plain

休みを思いっきり楽しみ、月曜日から仕事も元気にやるぞ!となるようなライフ・ワークスタイルに変えていきたい。

最近、安倍政権の目玉でも働き方改革が話題ですよね。ニュースで言っているから、うちの会社も誰かがどうにかしてくれるはず、と待っていても何も変わりませんよ。国の仕事は制度をつくるコト。それを実行・活用するのは、企業であり、ボクら個人です。

 

アナタが今よりハッピーになるには何が必要?

これを考えたコトがあるだろうか?

・もっと楽しい仕事がしたい。
・ボーナスを上げたい。
・有給休暇をちゃんと取得したい。
・家族との時間を持ちたい。
・恋愛したい。結婚したい。
・遊びたい。 等

たくさんありますよね。ボクも「何が必要なのか?」、「会社員に共通することは何か?」をずっと考えてきました。ボクの答えは、次の3つ。

①お金
②仕事
③エンタメ

生活するためには、当然お金が必要ですよね。年収1000万円以上とかでなくても、ある程度お金に不安がない状態にはなりたいものです。いや、なれると思います。

仕事は、やはり楽しい方がいいですよね。やるコトすべてが楽しいというのはムリでしょう。でも働き方次第で変わります。

生涯労働時間は、活動時間の約47%も占める!

仮定してみると…
一日(24時間)−睡眠時間(7時間)−生活基本時間(3時間)(*1)−通勤を含む仕事時間(10時間)=自由な時間(4時間)
*1:食事、家事、お風呂とか一般的に生活に必要な時間
これを25歳から60歳(定年)まで35年間繰り返すとすると…
活動時間(*2)=14時間×365日×35年間=178,850時間(①)
*2:睡眠時間と生活基本時間を除く
仕事している時間=10時間×240日×35年間=84,000時間(②)
仕事している時間の割合=②/①×100%=46.9%

およそ人生の良い時期の約半分を仕事が占めることになります。であれば、より楽しめる働き方をしようよ!と提案です。

さいごにエンタメです。やっぱり仕事以外に楽しみ・息抜きは必要です。日本は本当に楽しいことがいっぱいです。遊園地や、映画や、YouTube、有料・無料を問わずエンターテインメントがいっぱいです。

 

どんな優先順序でライフ・ワークスタイルを変えていくか?

昔、親友のTくんと、「仕事を良くすることが先か、お金の不安をなくすことが先か」を議論してた。

Tくん 「俺は、先に仕事を良くすべきだと思う。毎日のことだし。」
ボク 「俺は、お金の不安をなくすことが先。会社の給料上がらないし、年金とか超不安だし。」

結局、ボクらは二人とも仕事を変え、お金の不安をなくすために長期投資(積立投資)を始めました(笑)。どっちが先というよりは、同時に良くしました。

Tくんは今、ソフトウェアの会社で働きながら、コーチングを勉強して仕事に悩んでいる人のサポートをしている。

さてボクはどうするか。ボクにできることは何か?

そうだ 長期投資、教えよう。

当時、新入社員や派遣社員の方の教育を担当していて、教えることが好きで得意でした。理系で数字の分析も得意。同じ不安を持っている会社員のために、長期投資(投資信託)を教えようと決めました。早速、金融関連の資格を取りニーサスクールと命名し、2016年に動画コンテンツをつくりました。

導入編|ニーサを活用した長期投資入門 カテゴリーの記事一覧 - ナガトーーク!

実践編|ニーサを活用した長期投資入門 カテゴリーの記事一覧 - ナガトーーク!

ご興味があればどぞ。

ということで、まずは会社員のお金の不安を取り除くコンテンツはできた。

 

なので次は仕事だ!

働き方改革では、長時間労働や残業代未払いが話題です。本来は、「生産性を高めて、より高い付加価値を生み出せるように働き方を変えよう」というのが目的です。(※別で解説予定)

周りの会社員の話を聞くと…
・早く帰れ、と言われるようになった
・その結果、早く帰れるようになった
・残業代がきちんと出るようになった など
一方で…
・早く帰るから、残業代を請求できなくなった
・働く時間が短くなったので、仕事が進まなくなった
・会社がこれから大丈夫か不安になった 
などの声もある。

正しく働き方改革を理解し、実行していかないと失敗すると言われています。

例えば、日本電産・永守氏は下記のように述べています。

”国も働き方改革を訴え、法案も準備しているが、残業時間を規制するだけでは失敗する。そもそも社員は残業代が減るのを心配しているのだから。政府は「空いた時間で生活をエンジョイして」と言うよりも「生産性を上げて所得を増やそう」ということをもっと訴えるべきだ。”

詳細は、下記の記事を参照。

newswitch.jp

まさに先ほど挙げた声通りのことを経営者が述べてくれている。ただ、ボクは生産性を上げても、すぐにはお給料には反映されないと思っている。だからこそ、まずは長期投資をしておくと良い。

お給料を上げるかどうか、は経営者にとってシビアだ。今後、多くの社員の生活を守っていかなければならないから。

お給料がすぐに上がらなくても、会社員が生産性を高めることのメリットは、たくさんある。これはまた別の機会に書く予定。

ということもあり、このカテゴリーではどうしたら会社員が生産性を高めていけるかを提案・実行していきたいと考えています。

 

さいごにエンタメだが、言わずもがな。

これからも日本のエンタメは楽しい。もっと楽しいことがクリエイトされていくでしょう。

 

会社員のミライは明るい!

ナガローの会社員ハッピー3要素(笑)

お金:お給料は少しづつ上昇。年金は×。だが、世界経済は成長するのでまずは長期投資で補填できる。
働き方:カイゼンに向かっていく。本業+好きな事ですこし副収入がスタンダードに?
エンタメ:絶対、面白くなる。

 

蛇足

会社員を続けてきて、自分がどんな時に嬉しくなるかわかってきました。それは、自分が成果を出すことではなく、自分がサポートした後輩が成果を出すこと。もちろん、後輩が成果を上げるようになってもらうためには、自分も勉強してレベルを上げていかなきゃならない。

だからボクは、指導者ではなく…

f:id:nisaschool:20180427220103j:plain

みんなが少しずつアゲアゲになるようなサポーターになりたい

f:id:nisaschool:20180427220137j:plain

と思っています。

会社員がよりハッピーになれるように、一緒に行動していきましょう!

トゥゲザーしないか?(笑)

【#1】は以上です。