ナガトーーク!

日本のサラリーマンをハッピーにするぞ

【#14】投資信託とは何か?メリットは?|Topic 5

f:id:nisaschool:20180317123007j:plain

こんにちは。

ニーサを活用した長期投資入門では、10年先も自分の力で投資信託(ファンド)を選べる知識や手法を身につけ、ニーサ(nisa)、積立ニーサ、ジュニアニーサ、イデコ(確定拠出年金)などのお得な制度を活用した資産形成ができるようになるための情報を提供します。

本記事は、投資初級者向けに作っています。

 

投資信託とは何か?

簡単に言うと次のようになります。

「みなさんから集めたお金を一つの大きな資金としてまとめ、運用の専門家(ファンドマネージャー)が株式や債券などに投資・運用する商品」

図1を見てください。

f:id:nisaschool:20180324104237j:plain

図1

投資信託の商品をファンドと呼びます。例えば、Aさんはこのファンドに1万円、Bさんは5千円、Cさんは3千円投資したとしましょう。このお金をファンドマネージャーが、購入する株式の選択、株式の購入と売却など、ほぼすべてを管理・運用してもらえるということです。ファンドの種類によっては、株式に加え、債券や不動産に投資するものもあります。

あなた自身がすることは、「購入する投資信託(ファンド)を選ぶこと」と「口座をつくること」と「積立の設定をすること」くらいしかありません。誰でも簡単に始めることができます。

 

投資信託を活用するメリット

投資信託のメリットとデメリットは何でしょうか。第一のメリットは、「①運用は、プロにお任せできる!」ということです。

自身で、購入する株式を選択し、購入するタイミングを見極め、さらに利益の出る、または損を確定させるタイミングを見極めるのって、難しくて面倒ですよね。その点、投資信託を活用すれば、株式の選択やタイミングをプロにすべてお任せできるというメリットがあります。

 

第二のメリットは、「②少額から投資できる!」ということです。Topic 4でも学習したように、株式を自分で購入する場合、銘柄にもよりますが1回数十万単位で投資をしなければならないことがあります。それは、普通の方には難しいと思います。その点、投資信託を活用すれば、ファンドにもよりますが、最低500円から投資することもできます。500円であれば、ランチ1回分のお金でしょうか。それくらいであれば、誰でも投資するのは難しいことではないと思います。

 

第三のメリットは、「③分散投資できる!」ということです。一括投資と分散投資について説明します。一括投資は「一つの会社の株式(または債券)に投資すること」を言います。一方、分散投資は「複数の会社の株式(または債券)に投資すること」を言います。ほとんどの投資信託は、「分散投資」です。運用の専門家(ファンドマネージャー)が、投資先の企業を分析し、複数の会社の株式や債券に投資しています。

 

分散投資のメリットは何でしょうか?それは、リスク回避です。一括投資の場合、株価が暴落したときにリスクが大きいです。一方、分散投資の場合、複数の投資先に投資するため、そのうち一つが暴落しても、全体では少しのマイナスで済む場合もあります。

図2のイメージを見てください。

f:id:nisaschool:20180324104412j:plain

図2

あなたが、仮にX社1社に50万円投資していたとしましょう。1か月後にX社の業績が突然悪化し、倒産してしまいました。その時のあなたの損失は、マイナス50万円になりました。

図3のイメージを見てください。

f:id:nisaschool:20180324104450j:plain

図3

今度は、あなたが仮にファンドを通じて50万円投資していたとしましょう。そのファンドも同様にX社に50万円投資していました。しかし、投資信託はみなさんから集めたお金をまとめて投資するので、Y社にも50万円投資しており、さらにZ社にも50万円投資していました。1か月後、X社は業績悪化により倒産してしまいました。しかし、1か月後にY社の業績は大きく向上し、株価が2倍の100万円になりました。1か月後にZ社は特に株価の変化がなく、50万円のままでした。このときのファンドの収支はどうでしょうか。

X社・・・マイナス50万円
Y社・・・プラス50万円
Z社・・・±0万円

この場合、ファンドの利益や損失は±0万円でした。このとき、X社が倒産したにも関わらず、あなたの50万円には影響しませんでした。

以上のように、一括投資するよりも分散投資することでリスク回避できるというメリットがあります。 

 

【補足】

本記事の内容は、【導入編】投資信託の選び方を学ぼう|ニーサを活用した長期投資入門より抜粋しています。

 

【ご留意ください】

  • 当サイトのコンテンツは、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • 当サイトのコンテンツは、長期投資の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の金融商品の売買を推奨・勧誘するものではありません。
  • 当サイトのコンテンツは、信頼できると判断した情報に基づき作成されていますが、情報の正確性・安全性については弊所が保証するものではありません。
  • 投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でお願いします。
  • 投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。
  • 当サイトのコンテンツに基づいて被ったいかなる損害についても、弊所は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。