ナガトーーク!

日本のサラリーマンをハッピーにするぞ

【#3】投資を習慣にするための4 Steps|Topic 1

f:id:nisaschool:20180317123007j:plain

こんにちは。

ニーサを活用した長期投資入門では、10年先も自分の力で投資信託(ファンド)を選べる知識や手法を身につけ、ニーサ(nisa)、積立ニーサ、ジュニアニーサ、イデコ(確定拠出年金)などのお得な制度を活用した資産形成ができるようになるための情報を提供します。

本記事は、投資初級者向けに作っています。

 

教育プロジェクト・ニーサスクールでは、2026年ビジョンとして、みなさんが投資を習慣にしていることを掲げています。この投資を習慣にするStepは4つあります(図4)。

f:id:nisaschool:20180319211157j:plain

 

図4

まず、Step 1は興味のない状態(No interest)から「ハイ!興味あります」と興味を持った状態(Interest)になることです。ここは、本人がニュースやインターネットや友人などから情報を得るなど何かしら起きないと、興味を持つ状態にはなりません。このテキストを開いてくれている皆さんは、すでにこのInterestの状態にあると思います。

 

Step 2は、このInterestから「エイッ!」と投資の世界に足を入れ実際に始めた状態(Start)になることです。ここでは、書籍やインターネットでの独学でもできますし、投資商品を扱っている会社に相談に行くこともできます。また、ファイナンシャルプランナーに相談することもできます。商品を売る側と買う側(ボクら)で視点が異なる場合があるので、いきなり相談に行くことはあまりお勧めしません。ここで次のStepに移るために重要なのは、正しい知識や、自分でできる手法を学ぶことです。間違った知識や自分でできない手法ですと、実際に行動に移せず、長期投資を始める前に止めてしまうことにつながります。中には実際に投資を始めてみたけれど、損をして止めてしまった、自分でできなくて止めてしまった人もいるかもしれません。ですので、ニーサスクールでは、特にこのStep 2の長期投資を始めるために必要なことを重点的に学べるようにしています。

 

Step 3は、Startの状態からランナーのように継続する状態(Keep)になることです。Step 2のStartの状態で正しい知識や手法を学んでおけば、Keep状態になることは難しくはありません。もちろん、Keep状態でも最低限学んでおかなければならない点がありますので、その点についてもニーサスクールで学んでいきましょう。

 

最後のStep 4は、Keepしながら育てる状態(Grow)になることです。長期投資で大きく資産を育てるには、木を育てたり、子供を育てたりするのと同じように10年から20年の時間がかかります。大切に育てていく必要があります。このGrowの状態になるためにも、Startの状態、Keepの状態で正しい知識や手法を学んでおく必要があります。そうしておけば、お金を育てている間の色々な経済変化を自分の力で考え乗り越えていけるはずです。そして、大切にお金を育ててきたその先には、あなただけでなく、投資先の国や企業、日本社会にも笑顔が増えているはずです。

少額からでいいのです。長期投資を始めて一緒にお金を育てていきましょう。

 

【補足】

本記事の内容は、【導入編】投資信託の選び方を学ぼう|ニーサを活用した長期投資入門より抜粋しています。

 

【ご留意ください】

  • 当サイトのコンテンツは、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • 当サイトのコンテンツは、長期投資の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の金融商品の売買を推奨・勧誘するものではありません。
  • 当サイトのコンテンツは、信頼できると判断した情報に基づき作成されていますが、情報の正確性・安全性については弊所が保証するものではありません。
  • 投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でお願いします。
  • 投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。
  • 当サイトのコンテンツに基づいて被ったいかなる損害についても、弊所は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。