ナガトーーク!

日本のサラリーマンをハッピーにするぞ

【#7】社会貢献としての投資|Topic 2

f:id:nisaschool:20180317123007j:plain

こんにちは。

ニーサを活用した長期投資入門では、10年先も自分の力で投資信託(ファンド)を選べる知識や手法を身につけ、ニーサ(nisa)、積立ニーサ、ジュニアニーサ、イデコ(確定拠出年金)などのお得な制度を活用した資産形成ができるようになるための情報を提供します。

本記事は、投資初級者向けに作っています。

 

世の中には、社会貢献を目的としたマイクロファイナンスと呼ばれる小規模投資があります。

マイクロファイナンスとは、貧しい国の人々に小口の融資や貯蓄などのサービスを提供し、彼らの事業の運営に役立て、自立し、貧困から脱出することを目指す金融サービスです。

発展途上国では、企業における雇用機会が少ないため、労働者の多くは自営業かファミリービジネスで生計を立てており、不安定な生活を続けています。貧しい人々は、将来の備えや計画に対応するための、預金口座や保険サービスといった一般的な金融サービスへのアクセスがありません。マイクロファイナンスは、こういったニーズに応えています。マイクロファイナンスは、従来の開発援助にあるような慈善的なアプローチとは異なり、一人ひとりが自分の可能性を活かし、経済的な将来設計も立て、自立した生活を営むことができるよう支援するものです。

日本では、非営利団体のPlaNet Finance JAPANやKiva(キーバ) JAPANが活動をしています。Kivaでの具体例を示します。こんな方が、小規模融資を求めています。

〈事例:フィリピン在住のSさん〉
36歳の既婚女性Sさんは、母親や14歳、15歳の子供たちと暮らしています。生活のため、夫が大工業に従事する一方で、Sさんは小さな小売店を経営し様々な日用品を地域の人々に販売しています。Sさんが融資を申請した理由は、以下の商品在庫(*)を増やしより多くの顧客を獲得できればと考えているためです。Sさんは子供たちの教育のために事業の強化を望んでいます。
(*)飲料類、麺類、缶詰、スパイス類、砂糖、コーヒー、ビスケット、その他軽食類、石鹸、洗剤、調味料

融資は、図5のように行われます。

f:id:nisaschool:20180319215000j:plain

図5

①ボクら(貸し手)が、Kivaのサイトを使って途上国の支援したい事業主(借りて)を選びます。1口25ドルから投資できます。②そのお金がKivaを通して、現地のマイクロファイナンス機関に融資されます。③マイクロファイナンス機関は低金利(*)で事業主に融資されます。
(*)事業主に課す金利は、運営費や人件費として使用しています。

数か月後、事業主の返済計画に従って図6に示すようにボクらに返済されます。

f:id:nisaschool:20180319215013j:plain

図6

④事業主(借り手)は、マイクロファイナンス機関に一括または分割で返済します。⑤マイクロファイナンス機関は、Kivaに返済します。Kivaは元本のみ受け取ります。⑥Kivaは、ボクら(貸し手)に送金します。ボクら受け取れるのも元本のみです。

ボクも、このKivaを通じてフィリピンの畜産業を営んでいる家族に投資してします。

いかがでしたでしょうか?皆さんの投資に対するイメージは、変化は見られたでしょうか。

投資は、本来みんなをハッピーにできるものです。投資をすることで自分自身だけでなく、応援する企業、事業主、そして社会も良くすることができます。

まずはご自身のために投資を一緒に始めましょう。
Kivaについて詳しく知りたい方は、下記のホームページをご覧ください。
Kiva JAPAN

 

【補足】

本記事の内容は、【導入編】投資信託の選び方を学ぼう|ニーサを活用した長期投資入門より抜粋しています。

 

【ご留意ください】

  • 当サイトのコンテンツは、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • 当サイトのコンテンツは、長期投資の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の金融商品の売買を推奨・勧誘するものではありません。
  • 当サイトのコンテンツは、信頼できると判断した情報に基づき作成されていますが、情報の正確性・安全性については弊所が保証するものではありません。
  • 投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でお願いします。
  • 投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。
  • 当サイトのコンテンツに基づいて被ったいかなる損害についても、弊所は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。