ナガトーーク!

日本のサラリーマンをハッピーにするぞ

【#17】NISA口座での積立投資アドバイス!|Topic 15

f:id:nisaschool:20180317123007j:plain

こんにちは。 

1 NISAの5つのポイント

みなさん、ここまで一緒に長期投資を学んでくれてありがとうございます。Topic 14までの学習で長期投資の基礎はバッチリです。ここでは、Topic 1で学んだ「NISA(ニーサ)って何?」の内容をもう少し詳しく学習しましょう。

 

ポイント① 日本に住む20歳以上の方がNISA口座を作れる!

NISA口座は、2016年6月時点では日本に住んでいる20歳以上の方が活用することができます。ぜひ長期投資を始めるときには、十分に活用しましょう。

 

ポイント② NISA口座は一人1口座

NISA口座は、2016年6月時点では一人1口座開くことができます。例えば、SBI証券でNISA口座を開いた場合は、楽天証券でNISA口座を開くことができません。同じように、楽天証券でNISA口座を開いた場合は、SBI証券でNISA口座を開くことはできません。このようにどこか一つの証券会社、または独立系投資信託会社でNISA口座を開くことができます。

ただし、NISA口座の開く証券会社を途中で変更することができます。例えば、SBI証券でNISA口座を開いているけれど、楽天証券に切り替えることができます。同じように、楽天証券でNISA口座を開いているけれど、SBI証券に切り替えることができます。手続きについては、インターネットで「SBI証券 NISA口座 金融機関変更」、または「楽天証券 NISA口座 金融機関変更」で検索すると方法が記載されています。もし読んでもわからなければ、各証券会社に問い合わせてみましょう。ちなみに金融機関の変更をしなかった場合は、そのままNISA口座は同じ証券会社で自動的に開設され続けます。

 

ポイント③ 運用利益(儲け)に対して税金がゼロ

図1を見てください。NISA口座で、あなたが2016年に120万円分投資したとしましょう。5年後の2020年に120万円は150万円まで値上がりました。あなたの運用利益(儲け)は30万円でした。あなたは、5年後にこの商品をすべて売りました。あなたはNISA口座で運用していたので、利益の30万円には税金がゼロで、あなたは150万円をそのまま受け取ることができました。一方、課税口座(一般/特定口座)で運用して5年後に同じように売った場合はどうでしょうか。このときの利益も30万円です。この30万円には、税金が約20%(正確には20.315%(2016年6月時点))かかります。あなたは、30万円x20%=6万円もの税金を支払いました。その結果、あなたが受け取れた金額は、NISA口座よりも6万円少ない、144万円でした。このように、NISA口座を使っていると、本来利益に対してかかる税金がゼロになるということです。

f:id:nisaschool:20180422121910j:plain

(図1)NISA口座のイメージ

 

ポイント④ NISA口座は、1年間で120万円まで投資できる!

NISA口座は、別名で「少額非課税投資制度」とも呼ばれています。この少額が120万円です。120万円であれば、月に最大10万円まで積立投資をすることができます。もちろん、個人の状況に応じて、月千円だったり、5千円だったり、3万円だったりで良いわけです。積立投資する上では1年間で120万円の投資枠があれば、誰でも十分に活用できる枠だと思います。

この1年間という部分に2つの注意点があります。1つ目は、「残った投資枠は、翌年に繰り越しできない」という点です。図2を見てください。例えば、あなたが2016年1年間でトータル60万円積立投資したとしましょう(青色部分)。120万円まで投資できるので、60万円投資枠が余りました(オレンジ色部分)。この60万円分の投資枠は、翌年2017年に繰り越すことはできないということです。

f:id:nisaschool:20180422121935j:plain

(図2)残った投資枠は、翌年に繰り越しできない

 

2つ目は、「一度売った金額を、再度利用することはできない」という点です。例えば、あなたが2016年4月に10万円分積立投資したとしましょう(図3左青色部分)。この時点で、投資できるのは残り120万円—10万円=110万円です。それを2016年5月にすべて売却しました(図3右白色部分)。売却した場合も残り110万円となります。すべて売却したので、投資できる枠が110万円+10万円=120万円に戻るわけではありません。一度利用した部分については、再利用することはできません。

f:id:nisaschool:20180422121949j:plain

(図3)一度売った金額を、再度利用することはできない

 

ポイント⑤ NISA口座は、基本5年間は税金がかからない

ポイント②で説明したように、NISA口座は儲けに対して税金がゼロです。ただし、2016年6月現在、NISA口座には期限があります。その期限は、5年間です。図4を見てください。NISA以外の口座ですと、常に儲けに対して税金が20.315%かかります。図の縦方向には、NISA口座を開くことができる年を記載しています。現在のところ、2016年~2023年までの間NISA口座を開くことができます。そうなんです、今の法律だと期限が決まっているのです。ただし、これは今後変わる可能性があります。

f:id:nisaschool:20180422122004j:plain

(図4)NISA口座の期間のイメージ

 

図の横方向は、税金がかからない期間を示しています。例えば、2016年に120万円投資した場合、5年後の2020年12月までに売却した場合は、税金がゼロになります。同じように、2017年に120万円投資した場合、5年後の2021年12月までに売却した場合は、税金がゼロになります。2023年に120万円投資した場合、5年後の2027年12月までに売却した場合は、税金がゼロになります。

「期限が来て、そのまま売らなかったらどうなるの?」と思う方がいると思います。これについて、次のセクションで詳しく説明していきます。

 

2 NISA口座で、積立投資をしていて5年後に期限が来たらどうしたらよいの?

前のセクションで、NISA口座には5年間の期限があることをお伝えしました。ここでは、期限がきたらどうしたらよいのかについて学習します。とその前に、少し期待していることがあります。それは2020年までにNISA口座が無期限になることです。もし、そうなればこの説明は要らないのです。Topic 1で説明したように、20代・30代が長期投資を活用するためには、NISA口座の無期限化がとても大切であると思っています。2016年現在では、まだまだ20代・30代のNISA口座の利用者数が少ないです。NISA口座の無期限化が、今後の日本にとって必要であることを示すためにも、20代・30代のボクらが積極的にNISA口座を開いていくことが必要です。

さて、ここでは無期限にならない仮定でその対処方法を学習していきましょう。この部分は少しややこしい部分がありますので、2019年、2020年にはこのテーマのフォローアップきたらと思います。ここでは2016年にNISAで投資していた部分についてお話しします。2016年に投資していた部分は2020年までに次の3つの選択肢から選ぶ必要があります。

  • 選択肢① 5年以内に2016年に投資した部分をすべて売却する
  • 選択肢② 2021年のNISA口座に、2016年に投資した部分を移管する(ロールオーバー)
  • 選択肢③ 課税口座(一般口座または特定口座)に、2016年に投資した部分を移管する

まず、選択肢①です。2016年から2020年のどこかですべてを売却してしまえば、特に作業は発生しません。ただし、プラスのところで売りましょう。マイナスの時に売るとNISAで積立投資している意味がありません。期間は5年間もありますので、じっくり考える時間があります。

選択肢②です。図5を見てください。

f:id:nisaschool:20180422122024j:plain

(図5)NISA口座の移管イメージ

 

2016年にNISAで投資した分を、2021年のNISA口座にそのまま移動させることができます(図5の赤線①)。ただし、移動できる金額は、移動する日の評価額(元本+利益)が120万円分です。例えば、2016年に120万円すべて投資して(月10万円積立投資)、2020年に150万円の評価額になっていたとしましょう。その場合、2021年のNISA口座へは150万円中120万円までしか移動できません。移動できなかった残り30万円は、売却するか(選択肢①)課税口座に移動する(選択肢③)必要があります。120万円分を2021年NISA口座へ移管した場合は、その年に投資できる枠は0円となります。もう一つ例を挙げましょう。2016年に36万円投資して(月3万円積立投資)、2020年に50万円の評価額になっていたとしましょう。その場合、2021年のNISA口座へは50万円すべてを移動することができます。その場合、2021年に投資できる枠は、120万円—50万円=70万円となります。ここでは、2016年の例を取り上げましたが、同じことが2017年の投資分と2018年の投資分にも対応できます。

 

選択肢③です。これは、5年後にNISA口座以外の口座(一般口座や特定口座)に移動させるという方法です。移管する日の評価額がプラスであれば、特に問題ないのですが、マイナス時には少し注意が必要です。ややこしいので、簡単に言います。2016年時点の法律では、移動するときにマイナスであれば余計に税金がかかるということです。どういうことか説明していきます。

まず評価額がプラスの場合です。図6にこの場合の例を挙げました。横軸は年、縦軸は資産額を示しています。例えば、あなたが2016年にNISA口座で10,000円だけ投資したとしましょう(図中の取得時)。5年後の2020年に値上がりし20,000円になりました。このとき、売却せずに一般口座、または特定口座に移管するという処理をした場合、あなたはこれを20,000円で取得しましたと認識されます。これが図中のみなし譲渡価格というものです。NISA口座で投資をしていたため、20,000−10,000=10,000円の儲けには税金がかかりません。したがって2021年に20,000円で取得したと認識される処理がされます。以降儲けが出た場合には、儲けに対して20.315%の税金がかかるようになります。図のように2021年に25,000円に値上がりしたときに売却したら、儲けの5,000円に対して税金がかかります。

f:id:nisaschool:20180422122043j:plain

(図6)評価額がプラスのときの移管イメージ

 

評価額がマイナスの場合です。図7にこの場合の例を挙げました。横軸は年、縦軸は資産額を示しています。例えば、あなたが2016年にNISA口座で10,000円だけ投資したとしましょう(図中の取得時)。5年後の2020年に値下がりし6,000円になりました。このとき、売却せずに一般口座、または特定口座に移管するという処理をした場合、10,000円で取得したにもかかわらず、あなたはこれを6,000円で取得しましたと認識されます。これが図中のみなし譲渡価格というものです。図のように2021年に9,000円まで戻りました。このとき売却すると、あなたは9,000—6,000=3,000円儲かったと判定されます。この利益の3,000円には税金がかかってしまいます。このように選択肢③を選ぶときには、少し注意が必要です。

f:id:nisaschool:20180422122056j:plain

(図7)評価額がマイナスのときの移管イメージ

 

3 さいごに

みなさん、Topic 15まで学習お疲れさまでした。おそらく皆さんは投資を始めていることと思います。ぜひ投資を習慣にするための4StepsのKeepに入ってください(図8)。

f:id:nisaschool:20180422122110j:plain

(図8)投資を習慣にするための4 Steps

 

これから投資を続けていく中でわからない点や不安な点が出てくると思います。フォローアップし、受講して下さった皆さんを完全にバックアップしています。

長期投資は、必ずあなたのミライに役に立ちます。そして、長期投資は、投資先の国や企業、日本の社会も良くしていきます。皆さんは、これからの時代を作っていく人たちです。その方たちが小さくても投資を始めれば、必ずこの日本は良くなります。ボクはそう信じています。ぜひ一緒に明るいミライを作っていきましょう!

ボクは、長期投資を教えた皆さんが「幸せ」になってくれることが何よりもうれしいです。今後もみなさんに時代に合った良いコンテンツを提供していけるよう努力していきます。これからも、長期投資教育を続けていくためにも、この記事を読んで良かったと思った方は、ぜひ周りの方へすすめてください。ご協力のほど、よろしくお願いします。

 

関連記事

導入編|ニーサを活用した長期投資入門

 

【補足】

本記事の内容は、【実践編】投資信託の選び方を学ぼう|ニーサを活用した長期投資入門より抜粋しています。※リンクは、ブログを見てくださった方限定クーポン(最大割引)を適用しています。

 

【ご留意ください】

  • 当サイトのコンテンツは、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • 当サイトのコンテンツは、長期投資の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の金融商品の売買を推奨・勧誘するものではありません。
  • 当サイトのコンテンツは、信頼できると判断した情報に基づき作成されていますが、情報の正確性・安全性については弊所が保証するものではありません。
  • 投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でお願いします。
  • 投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。
  • 当サイトのコンテンツに基づいて被ったいかなる損害についても、弊所は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。