ナガトーーク!

日本のサラリーマンをハッピーにするぞ

【#7】SBI証券の積立ニーサ口座で投資信託を積立購入する方法|Topic 13

f:id:nisaschool:20180317123007j:plain

こんにちは。 

2018年1月から、新しい税金優遇制度、積立ニーサ口座がスタートしました。

スムーズに積立購入できるように、ここではSBI証券で積立ニーサ口座で積立設定する方法について解説していきます。[2018.1.3時点]すでにSBI証券で積立ニーサ口座を開いていることを想定しています。

 

 

SBI証券で積立ニーサ口座で積立設定する方法

1.SBI証券にログインし、購入したい投資信託の画面を開きます。すると、画像1が表示されますので、「つみたてNISA買付」(赤枠)をクリックします。積立ニーサでは購入できる投資信託が決まっています。「つみたてNISA買付」と表示されているかを確認しましょう。

画像1

f:id:nisaschool:20180416213301j:plain

2.すると、画像2が表示されますので、下の方にスクロールしてください。

画像2

f:id:nisaschool:20180416213328j:plain

3.すると画像3のような表示があります。赤枠の部分にはアナタが選んだファンド名が表示されているはずです。まず、「コース」という欄を記入していきます。ここでは積立方式の設定を行います。「毎月」、「毎週」、「毎日」のいづれかから選択できます。(緑枠)ここでは「毎月」の場合を例にします。次に「申込設定日」を選択します。ここでは積立日を設定します。ここでは「1日」としています。

画像3

f:id:nisaschool:20180416213349j:plain

4.次に「設定金額」を設定します(画像4)。毎月いくら積み立てるかを決めます。緑枠部分にアナタの積み立てたい金額を入力します。積立ニーサ口座の積立可能額は、年間40万円までです。そのため毎月の上限があります。毎月1回であれば上限は33,333円です。

画像4

f:id:nisaschool:20180416213410j:plain

5.もし、ボーナス月だけ積立額を増やしたいという場合には、「ボーナス設定/設定状況」を設定します。(画像5)「設定する」(赤枠)をクリックします。すると、「ボーナス月設定」の画面が表示されるので、金額と積立日を設定し、「設定」をクリックします。

画像5

f:id:nisaschool:20180416213423j:plain

6.最後に、「取引パスワード」(赤枠)に入力し、「確認画面へ」(緑枠)をクリックします。(画像6)

画像6

f:id:nisaschool:20180416213440j:plain

7.すると画像7が表示されます。次に目論見書(投資信託の説明書)を確認します。赤枠の「目論見書」と「目論見書保管書面」をクリックし、PDFの中身に目を通します。そして、「目論見書を閲覧し、確認しました」のチェックボックスにチェックを入れ、「同意して次へ」(緑枠)をクリックします。

画像7

f:id:nisaschool:20180416213459j:plain

8.すると、画像8が表示されます。ここではアナタが設定した内容を確認します。内容に問題がなければ、「確定する」(緑枠)をクリックします。

画像8

f:id:nisaschool:20180416213529j:plain

9.すると画像9が表示され、積立設定が完了します。

画像9

f:id:nisaschool:20180416213554j:plain

以上です。

 

関連記事

導入編|ニーサを活用した長期投資入門

 

【補足】

本記事の内容は、【実践編】投資信託の選び方を学ぼう|ニーサを活用した長期投資入門より抜粋しています。※リンクは、ブログを見てくださった方限定クーポン(最大割引)を適用しています。

 

【ご留意ください】

  • 当サイトのコンテンツは、金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
  • 当サイトのコンテンツは、長期投資の学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、特定の金融商品の売買を推奨・勧誘するものではありません。
  • 当サイトのコンテンツは、信頼できると判断した情報に基づき作成されていますが、情報の正確性・安全性については弊所が保証するものではありません。
  • 投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でお願いします。
  • 投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。
  • 当サイトのコンテンツに基づいて被ったいかなる損害についても、弊所は一切の責任を負うことはありませんので、ご了承ください。